ある答え。

広告は結局、商品ありきなところがあるなかで、
楽曲というものは、実に羨ましい。


                 
    

独特な声の志摩遼平氏なのだが、
この声色だから、この曲が説得力を帯びている。

毛皮のマリーズ、なんて曲を放つのだ。

結局「愛」、という。

陳腐と思えないのは、なぜだろう。
自分の性根がまだかろうじて活きているからか、
彼らの『音』が活きているからか。


愛だろ、愛っ。
というかつてザ・カクテルバーで表され一世を風靡した名コピーがあったが、
すべてを肯定するような「愛」というものを、知りたい。

否定するのは簡単だ。
肯定したいものは、こんなにもたくさんあるというのに。



「誰か」の冬の歌。

2月が終わると、
ついに「冬」なんて単語は消えていくんだろうな。


               
    


こればかり聴いていた昨年の今頃。


さて、冬が終わる。



いい声に、魂は宿る。

月初めは新旧問わず
今月の曲を。      

      

椿屋四重奏はもう存在しない。
1月11日に解散を発表。
1月アタマにこの曲を挙げられなかったのもその理由からでもある。


2月。
1年で最も短い月。
何が出来るか何をやってみようか。

マテリアルとは一般に、「素材」を意味するようである。

裸一貫ではないが
自分の素材を信じてこの2月を、歩いていくことにしよう。

何者にも代え難い
中田裕二の艶のある声が、
いい見本であろうか。

声を灯す言葉を。

広告においてコピーは「声」だ。
いい声に、魂は宿る。
だから、伝わる。



またここから。

もう今年の1月が終わる。

1、2、3月は「行く、逃げる、去る」の
特に過ぎるのが早い月だとも聴くが

初心を、大切に。

     

キラキラって、「人が」人を形容するときに使うが
ギラギラって、自分から言っていい形容詞だ。

ギラギラしていこう。
キラキラしているかは、人が勝手に決めてくれる価値だ。



福笑う。

画像だけみたら、メガネのCMかと思いますが(笑)。
     
2011年1月1日。

ここから初めようかと思います。

高橋優「福笑い」。


    


生身で当たって砕けて、それでも当たり続ける。
相手が砕けるまで。


その「相手」が難ある問題なのか、へそを曲げて悪態をつく相手なのか、
脈なしかもだけど気になってしょうがない異性のあのコなのか。

相手がテコでも曲げないへその持ち主でも、
いい表情<かお>で、そう接し続けることで、
なにか変わらないか。

それが世界というバカデカイものではなくても。


リアルタイムシンガーソングライター、高橋優が
この1年届けてくれるだろう表情のある音たちに鼓舞されながら、
始めます。



この2011年を。



終わらない歌。

散々ブルーハーツの歌を掲げさせて頂いたこの1年でしたが、

この曲で、
この年の〆。


         
        

本当いろいろあった一年でした。


終わらない歌を歌おう。
あしたには、笑えるように。




僕の右手。


9月は自分にとって特別な月で。

自分の誕生月であることに加え、
世界の価値観の一種を全世界に露呈させた911があったこともひとつ。  

9月にやるクリエイティブを
僕はあえて「qureative」と呼ぶことにしている。

ひとを『きゅん』とさせるcreativeの勝手な造語だ。


最近ドキドキさせてくれるクリエイティブも少ないなか、
ひとを、きゅんとさせてみたいわけである。

足でつくるひともひょっとしたらいるかもしれないだろうが、
大抵の人はその『手』で
作ってきたはずだ。

自分もそう。

まだまだ世界は続いていくのなら、
僕の右手はまだまだペンを握り続けていないといけないのだから。


 




チェインギャング。

ゆったりと流れる雲を見ながら聞きたい、
ブルーハーツの曲がある。



    スクリーンショット(2010-07-01 3.35.23).png

ちっぽけなジブンというやつを俯瞰しながら、
夏に、ジブンのできることというやつを探す。

知るひとぞ知る、名曲。

ブルーハーツ25周年。改めて、おめでとうございます。


メッセージを真っ正直に届けるということに、
「広告」は留まれないジレンマもあるけれども、
本当に憧れる。


いい意味でギャングでありたい。
どんなに自分を卑下したとしても、
貫きたい、それが深くも浅くも、揺るがない信念があって。

ここで言う「ほんの少し」をしっかりとつかまえて、
時に涙しながら、前に進む。


2010年7月、始まります。



「僕ら」をつなぐもの。

サッカーW杯の惜敗をそっと慰めるような、6月最後の梅雨の雨。
   

      

 
月初めはブルーハーツ、
月末はこうして、秦坊に託すことにしよう。


さて、6月は終わる。
残り半年。

夏フェスに身を窶す方、
川辺のバーベキューで仲間と夏を満喫する方、
などなど、、
カラッとした夏はすぐそばだ。


夏にしか出来ないものがあるとしたら、それは何だろうか。

短い夏に。


「僕らをつなぐもの」
それを意識した夏が過ごせればと思う。



iichiko を通す。

さて日を改めた、
iichiko を。
        iichiko.png
        http://www.iichiko.co.jp/ 
「下町のナポレオン」という
キャッチフレーズはもはや大人なら
呑む方、呑まない方問わず
大体の方は耳にしたことがあるのではないかというほどの、
まさに鉄板、堅実なものとして定着したものと言えよう。
三和酒造さんは、いいちこを「iichiko」としたときのブランド感
大切にしていらっしゃる印象がある。
というのも、
「iichiko」を冠したボトルデザイン、
そのデザインを施したボトルを掲載した広告には
一定のトーンを配し、清々しい澄んだ風がいつも吹いているように思える。
それはあくまでイメージではあるが、
見る人に絶えず、そういう印象を与え続けることを
いまも一種の「約束」としているようにさえ感じる。
自分が大学生時代、ナショジオ(ナショナル・ジオ・グラフィック)で
まさに衝撃を受けたのは
    あの人という花.png
この雑誌広告であった。
もはや、ここに写るいいちこパーソンの酒瓶は酒瓶にみえない。
大学図書館で拡大コピーさせてもらったこの雑誌広告は、
一人暮らしの自分の部屋に長く飾られることになる。
いまもこの「トーン」を守った広告は写真の描写だけでも
他の広告とは一線を画している部分は、数多あるように感じられ、
   2005_nov_l_v.jpg
   2006_jun_l_v.jpg
こうして見ると
いちお酒として以上の付加価値が、広告によって付いてしまっているようにも見える。
グラフィックだけでなく、
人生という旅を模したコピーが付くことによっても。
もうこうなると、これは定番以上のものであるのかもしれず、
三和さんのHP内 iichiko Forumでの投稿意見の一コマを見ていると、
このボトルが「宝物」になっている人さえいるのが実に興味深く。
また、商品ボトルが数々のデザイン賞を獲っていることにも驚いた。
三和さんのHP内では、自分の勧めたように「iichiko Graphic」を
数々鑑賞するのもオススメだが、
上記 iichiko Forum を閲覧してみるのも面白い。
広告の質問箱や
商品の質問箱、ふつう企業がHPで堂々とやっていないことを
正面切ってお客様室の方が応えているのが大変に興味深い。
たとえば新聞の「困りゴト相談室」なんかも見方によっては、
そのときの世相を反映させていたり、それを載せることの意味などを考えると
実に深いところがあるのだが、
ここに一貫して流れるのは、
「いいちこというお酒」を通じたから「知り合えた仲間」との、
礼儀を大切にしつつもあたたかに
語らう場としての、温度のようなものである。
どれだけ閲覧されているのかカウントされているのもいい。
どこぞの広告をぼんやりと見ているより、
ここになにかしら、ほんと簡単なことでいいから、
投稿してみるほうがよっぽど面白い。
急にこのHPが盛んになってもちょっと困るが、
もっといろんな方に知っていただきたい企業HPであると感じるのだ。
顧客から「宝物」とされるような
プロダクト、
広告、
いずれにしても憧れなのである。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
  • JUGEM
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">PARCO-CITY
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">Bフレッツ+OCN
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">TREview
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">クラシエ
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">S&B
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座