本気の人を。

東京がひとつになる日。
とはいいコピーだと思う。


     
    スクリーンショット(2011-03-04 14.04.49).png


東京マラソンが世のランニングブームを
押し上げている部分が大きいことはいまさら言うまでもない。
知り合いにこの昨今
ランニングを始めた人が何人もいるのは、自分だけではないはずだ。

42.195キロが、
一気に市民に「身近な数字」になったことは然ることながら
走ることが『市民権』を得たことで、
巷で走る人々のカオも、ここ数年明るいように思える。

それはきっと走っている人が自分だけではないという、
ひとりでないことの安心感なのだろうと思う。

アシックスがTOKYO FMと共同経営している
半蔵門ランナーズサテライトである「JOGLIS」のような施設ができているのを
みていると、皇居周りを走る人も自然とカオが明るくなってくるはずである。

今年、大阪マラソンも開催されるそうであるが、
このランニングブームはどこまでいくのであろうか。
このマラソン参加を発起に
様々なことを「始める」ひとが増えるのを見ていると、
ブームは必然だったというか
心の片隅で多くの人がそれを望んでいたのだろうと感じる。

42.195 が、自分たちまで降りてくる数字になることを。


だから見ため的に「本気モード」の
スパッツなど履いてランニングをしていても
恥ずかしくない、
むしろ背中を押して上げられている部分はあるはずである。


本気になることに恥ずかしさを覚えるような風潮になったのは、いつからだろう。

東京マラソンが始まる2007年より前から
スパッツを履いてランニングしていた人たちはそれなりに居らしたはずだが、
「なんてカッコで...」と小バカにする目が無くなってきているのが
仮に東京マラソンのおかげであるのなら、
その他本気モードで取り組む人々は
どんなイベントを巷に定着させたら受け入れられるのだろうか。
などと勝手に思う。

自転車のスポーツジャージ姿の人であるとか、
アキバ以外でも躊躇なくオタっぽさを見せている人などなど。
本気な人というのは、やはり奇抜に見えてしまうものだ。

『本気』の人を応援できる体制は、広告が作るものであろう。



朝がまぶしい季節。

十六茶が気になっていたのも、
理由がふたつあって。


    スクリーンショット(2011-02-27 15.53.31).png


それにしても、アサヒ飲料は
「アサヒ」だけに、朝にこだわりを持っているようで。

WONDAのモーニングショットだけでなく、
十六茶も朝ブレンド。

そのうち、朝専用ビールが発売されるのかもしれない。
アルコールFREE飲料も多く発売されているだけに
いま、朝専用飲料がアサヒの専売特許っぽくなっていることを含め、
可能性がないとは言い切れない。
実は、もう狙っているんじゃないかと少し思う。


さて、十六茶で気になっていたことと言うと、

新垣結衣が若葉色の衣装を羽織って広告に多く出ていること、

2月初旬に「けいおん!!」キャラクターのケータイストラップが
コンビニに出回り、ちょっと自分の周りでも騒がしかったこと、
の二つ。

若葉色のコート自体かなり目につく色であるとともに、
若葉マークのような初々しさを伴って
朝ブレンド茶をアピールしようとしたなら視覚的にうまいかも、
と感じたのがひとつ。
なにより、
新垣結衣がピュア感あふれる爽やかさに溢れているのがいいのだろう。
若干キツめな若葉色に負けていない。
              
               スクリーンショット(2011-03-01 7.43.58).png

あと、けいおん!!ストラップだが、
各地方でも瞬く間になくなってしまったとか。
         
               スクリーンショット(2011-03-01 7.51.56).png

各キャラクターが手に持っているのも、
彼女らのバンド「放課後ティータイム」をもじって
『朝食』ティータイムバージョンなそうで、
ーグルだとか、バナナなど。

春に向けて、
「朝型」飲みモノ生活をより定着させようというPRなのか、
呼びかけているのが女のコが目立つのが気にはなるが、
十六茶に限らず、
『ノンカフェイン』のお茶のアイコン化は今後進むようにも思う。

その先駆けであると思えば、
十六茶は結構早い段階でスピードを出して来ているのかもしれない。

といえど、「朝専用」と謳うのがアサヒ飲料の専売特許になるのは
他飲料メーカーがどのように見ているのか。
今後、「ノンカフェイン」を大きく打ち出すとしても、
「朝」以外の言葉で謳っていかなくてはならないのは工夫が必要。

ノンカフェインを求める主婦層等を巻き込むような
おいしい飲料がでることも期待したいところである。



そのメールに i があるか。

今回で9回目だそうだが、
auユーザーの自分も、これは気になっていて。

 
       スクリーンショット(2011-02-28 16.37.56).png
       http://i-arumail.jp/pc/

「i」のあるメール大賞とは、またも駄洒落ではあるが
内容が『駄』でないのが毎回、グッとくるところで。

ひとが生活する背景には、
それぞれ違う「事情」があるから
ハッキリした差異があるわけで。

その「みんな違って、みんないい」というのが
メールを通して感じとれるところに好感を持つ。

どこかのドラマで見たような
ベタな感じであったとしても、
その人、その家庭の事情が加わることで一気にリアルになる。

個人的には、大武さんの作品にグッとくる部分はあって。
つい、自分でも作り笑いをやってしまいそうな雰囲気は
日常にあるけれど、親にはそれをメールで送ってしまっていること自体
見透かされているんだなと、
ちらも、遠方に住むの還暦近くの親を想わせてくれるきっかけになったり。

メールも、ただの文字。
ただ、事情というのが
それぞれの人、その時を取り巻いているからこそ
毎日がニュースであり、
その何と言うこともないメールでさえも作品になりうる
「のりしろ」がある。

これを使い、
ドラマを作るとかそういったことに
派生させるかどうかは置いておいても、
「i」のあるメールに着目するこの大賞自体に意味はあるだろうし、
人とひとをつなぐメールに、ツールに、言葉に、
可能性を信じたくなるのは自分だけだろうか。



本質を、見る。

いやはや、もう戦いは始まっているのだそうで。    

というより、お休みはないのだそうで。
「VS 紫外線」。

     
    スクリーンショット(2011-02-28 18.46.26).png

「365日 アネッサとともに」
と謳うこともあり、
アネッサを推す資生堂の期待感は大きいようで。

TOYOTAとのコラボもあるが、
なぜアネッサがいいのかというのが
男側の自分からしても
様々な図式等を通してわかりやすく、
こちら側に立った広告の作り方であるからだろう。
   スクリーンショット(2011-03-01 6.09.52).png   スクリーンショット(2011-03-01 6.08.55).png 


別にやたらめったら動画を駆使して、
twitterやFacebookとリンクしまくればいいのではなく。
蒼井優を起用したCMが好調であろうとそうでなかろうと、
いざ「アネッサ」や「anessa」を検索してやってきた消費者に、
ここではドラッグストアのように
手では触れないけれども、
どの程度商品を知ってもらいたいかを
熱烈に説明してくれていることに、好感を抱くわけだ。

前ページのSo-net も「こう」あってほしい部分があった。
推す商品の特性は違うけれども、
あちらこちらにバナーを貼りまくって、
問い合わせ電話番号や支払いコースといったものがやたら乱立している
字ばかりのサイトは見ていて疲れてしまう。
実際、うるさい。
黄色のトーンですでに目がチカチカしているのに。

このサイトはスッキリしていて、
男側の自分も、
紫外線を相手にするべきなのは万人共通で、
アネッサをその際の選択肢に入れるのは
よいことのように思えるのだ。

一概に「消費者目線で」というのも難しい部分は多いだろうが、
ここにいい見本があるわけである。
実際自分は今までこれといって紫外線対策をしたわけではないが、
女性側の紫外線対策が大変であること、
それに準じて、各社の化粧品広告も熾烈を極め
どうやって買ってもらえるかに、工夫に次ぐ工夫を行っていることは容易に予想がつく。

TOYOTAのコラボサイトを見て頂いてもわかるが、
車のガラスの素材にまでこだわることができる時代。

なにをどう訴求して消費者に買ってもらうか、
どの商品も素晴らしく、
これといった差異が見つからなくなっているのなら
その商品広告に気を遣えているかどうか、
気にかけてみるといいのかもしれない。

各エンジニアの手を経た「製品」を経て、
それが『商品』と成り得ているのか。
「資生堂だから」買う、前に
資生堂自身もこうしてしっかり説明をしてくれていることで
逆に、他商品を含め、本質を見ることを諭してくれているのだと思う。



これでいいのか。

So-net のユーザーであるが、
電車の中吊りをきっかけに
検索されることを想定した「窓口」が
Webに用意されているのが定番なようで。
      
    スクリーンショット(2011-02-27 15.48.36).png
いつからSo-netイメージキャラクターが
前回のAKB48篠田さんから変わったのかは存じ上げないが、

「〜事件」と大きく謳うことで、
So-net のサイトに呼び込む
「気になる感」をつくるには、正直もう少し欲しいところではある。

おそらくハーフっぽい、
So-netイメージキャラクター制服の美女が誰?
というところもその際、重要なキーポイントになるはず。

ただ、「事件」という持っていき方がやや強引に感じてしまう。
So-net のカラーである黄色と指し色の
サイト自体のインパクトはあるのだが、
So-net ユーザーの自分から見ても、
あまり魅力的に映らないのは奇抜な広告を避けて
安定したものを提供しようとするきらいがあるからだろうか。

その「〜事件」も、ちょっとしたマンガが付くぐらいで、
味気ないというより、なんだか勿体ない。
So-net の『ならでは』の良さを発揮できる効果は
各コミュニケーション含め様々なツールが揃う昨今、
もっと吟味できたのではないかとさえ、思う。

全部が全部、Webに関して手をかけてほしいというわけでもないが、
ひとりどこかの美人女性にSo-net ユニフォームを着せて、
その隣りになにかしらコピーを置く感じのもの。
過去を含め、何度も見て来てしまっているだけに
気になったのだ。

それを定番のパッケージにするにしても、
仮にハーフっぽい女性タレントひとり選んだことになにか必然性が欲しい。
実は、そこに一番違和感があるのかもしれない。



現代人諸君!!

彼にそう言われると
『シャキッ』と、
背筋も伸びる気がしてくる。


    スクリーンショット(2011-02-26 17.06.34).png

京都のお庭を思わせる和の佇まいのなかに
でん、と構えた桑田佳祐氏。

「現代人諸君!! 新しい夜明けがやって来た。」
とは言っていることが大きくもあるのだが、
ニホン音楽界を牽引して来た彼だから言ってのけられるのだろう。

MUSICMANとは、
音楽人という意味だと思うが、
ガンから見事立ち直り、
それでも身を賭して音楽をやるという一種の気概ともとれる。

音楽「人」というだけでなく
『漢』と書くほうのオトコとしての生き様もこのアルバムで見せる
ということなのだろう。

ただの宣伝コンテンツではなく、
視聴コーナーも備わっていて、
個人的には昨年末の紅白歌合戦で歌ってらした
三井住友銀行のCMでも印象的な
だろうか。

彼がもたらす広告的効果は大きい。
桑田佳祐がガンを克服し、改めて音楽を放ってくれることで
元気づけられたという方も多い。
雑誌 BRUTUSでも特集が組まれたばかりである。

凛と白いバックに佇むスーツ姿の桑田さんが
一人のサムライのように見えるのは、
わざとなのか偶然なのか。
BRUTUSを手元に広げながら
自分が彼に捧げたいコピーがあるなら、

「音楽に対して、人楽。」



和田部長!

なんともまあ。

どこかがやりたかったことだろうが、サントリーがやってのけるとは。


               
    スクリーンショット(2011-02-25 16.13.57).png

和田アキ子氏といえば、
芸能界において知る人ぞ知る、『男の中の男』と称される人物である。
女性であることは当然なのであるが、
その真っ正面から人、コトに取り組む姿勢、
ときにヒト懐っこく、涙もろいところも見せる。

太すぎる芯のようなものが入った、
威風堂々たる様相こそが和田氏であり、
芸能界のご意見番等々として君臨する所以であろう。

その和田氏をCMキャラクターの中心に据え、
「男の中の男」と言わせてしまっているところが
この広告のトーンの根源であるはずである。

でも、和田氏をよく説得できたものである。
女性が男性ぶることは個人的な趣味趣向的なものであったりするが、
冗談とはいえ商品と結びつけ
スーツ姿の『男キャラクター』として巷に登場することを、
彼女が承諾した時点でこの広告はすごいパワーを持っていることになる。


ただ、巷もその点を理解しているところが大きいからだと思う。
そして、なによりこの耳が痛くなるほど良く聴く「不況下」における
ニホン元気化計画は、
まさにアッコにおまかせしたいところなのかもしれない。

クリエイティブも介入しているのは勿論なのだが、
和田氏の存在感が大きすぎて、見方によっては
商品より目立ってしまっているかもしれない。

先日電車の中吊りで、
和田アキ子氏に似る人物がスーツを羽織って
ジョッキ生を掲げているのを見かけて以来、
かなり気になっていたが、やはり和田氏だったわけだ。


それだけまっすぐ、届けたいわけだろう。
お茶の間に、巷に、このニホンに。

和田部長」という響きも、いい。

コンテンツも充実していて。
エール動画にはじまり、
なによりハウンドドッグのカバーである
「ff(フォルテッシモ)」が力強くて
こちらにもチカラが漲ってくる。


和田部長の潔さにキモチよく乾杯して、
また日々をいいペースで歩んでいきたいものである。



なららんかい。

地域の面白そうなコトには
いつも、目を見張っていたい。


     
    スクリーンショット(2011-02-21 6.44.05).png
    http://nararankai.exblog.jp/


トーンがまず一定していることと
落ち着いたオレンジが、目にやさしい。

奈良にはかれこれ地域の小旅行で行って以来行ったことがないのだが、
大仏、シカ以外に触れてみたいと感じさせてくれたのも
なららん会」という、
人がまず最初に触れることになる
このネーミングの質感がわるくないからだろう。

落語×日本酒×なら料理。

日本ぽい3拍子のなかに、
奈良の風土を知ってもらい
きっと地域活性の願いを含んでいる。

奈良の日本酒、といえばなんだろうか。
焼酎は森伊蔵や魔王の「3M」他、
産地が限られるため人気等も偏りがちだが
日本酒は、日本各地だいたいどちらでも作っていたりするものである。
人気銘柄も黒龍、十四代が有名過ぎるぐらいで、
ほかは掘り出し甲斐があるお宝カン満載なのではないかと思う。

リンクしたページでは梅乃宿風の森などが人気のようではあったが、
自分に合うもの探し、味探訪というのが
こういった地域とからめたときの、
最もベタで効果的なもののはずである。

うまいものに笑顔はベストな組み合わせなだけに、
予約が必須などとカタいこと言わずに、
遠方から訪ねてくるひとを温かく迎え入れてあげられるような
地域ならではの、懐の深さを見たい。

次回は23日に開催されるとのことであるが、
おいしいお酒に、おいしいハナシ。
そこに笑顔が並んでいたら、何もいうことはないだろう。



見た目。

またしてもダジャレのようだ。


CLOCKを、強引にUNIQUEと掛け合わせて「QLOCK
としたのは大いに受け入れられたものだったが
LOOKS」は、果たしてどうだろうか。

     
    スクリーンショット(2011-02-18 16.38.26).png

ユニクロを取り入れた、
日本のみならず各国のおしゃれな着こなしをスナップで
載せていくというのものようである。

イマドキっぽく、Facebookで「いいね!」と言う機能つきでもある。

ただ、このページが
どの程度伸びるものであるのかは解り兼ねる。
月刊のファッション雑誌と一線を画す要素といえば、
全身か一部アイテムに
ユニクロが取り入れられている「程度」だろうからだ。

前からやりたかった、
構想を練っていた、
とは必ずしも言い切れないコンテンツ内容であろうが、
柳井さんの「UNIQLOを、SONYやHONDAのようにしたい」
という想いに沿うのであれば作らざるを得ない
スタンダード的コンテンツでなのだろう。

UNIQLOがやりたいのがファッションではないのであれば
この一番露骨に「ファッション」と見えてしまうスナップを
どう味付け、
「ユニクロはちがうね。」
と思わせてくれるのか。

LOOKSとは、文字通り「見た目」である。
ユニクロが仮に世界の基盤となる服基準をつくろうとしたいと
考えたときのWebコンテンツはどう活きてくるのだろうか。
個人的にどうしても、
モデルになったヒトたちのドヤ顔が好かないところがある。


だれかを元気づけたいのか、
近くにユニクロがない地域のヒトたちにも
手軽に買えるようにすることなのか、
単に、話題になって楽しく見てもらうことなのか。

白と赤で装飾されたユニクロ色の華美なコンテンツより、
このようなものにアイデアを注ぐことのほうが
人に伝えられるのではないかと考えたりする。

    スクリーンショット(2011-02-18 16.47.22).png


例えば、障がい者と向き合う、ユニクロ中もず店などの在り方がよっぽど具体的。
服に「チカラ」があるとかどうとか言う気はないが、
そう想っているのであれば、
このコンテンツに含まれている本質こそ、
深く大きく取り上げていくべきなのではないだろうか。



春、ラジオ。

先日のページでふれた
lismo × twitter。

そこに使われている、
ねごとの「カロン」。

                            
            


久々にau、
YUI以来の、「クル春うた」を発掘できたのではないかと
勝手に思う。

YUIのかつての春うたといえば、「CHE.R.RY」だが

       

春を楽しく闊歩できる春うたは
多くの人々のココロを
心地良く、押し上げてくれる。

まだ2月だが、
サクラ花咲くそのときまでこの曲「カロン」を引っ提げて
lismoはキャンペーンを展開していくべきだと感じる。

ねごとは、
TOKYO FM 系列
「SCHOOL OF LOCK!」十代限定夏ライブの閃光ライオット出身で、
最近 auが着目しているであろう、
ラジオに造詣が深いバンドである。

LISMO WAVEとの連携であるとか、
auが発端となって、radikoとのコラボであるとか、
やり方も多々ある。
高知に仕事先を移す友人が、
スマートフォンを持たないがauユーザーで、
関東圏のラジオを聞きたがっていた。
radikoは「その地域圏」しか聞けないのが惜しいところであるようで。

「春眠、暁を覚えず」
とは先人の詞であるが
そろそろ、そんな時期を迎える。

「ねごとがキモチいい。」
と、先述の詞を現代語訳したようで、
ねごとのキャッチフレーズにもなりそうなコピーっぽいが

春、ラジオ、キモチいい。

なんていかがだろうか。
バックに、ねごと「カロン」を載せて。

様々な地域格差を取り払ってくれる特効薬
ラジオがなりえないかと思っているのは果たして、自分だけだろうか。



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
  • JUGEM
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">PARCO-CITY
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">Bフレッツ+OCN
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">TREview
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">クラシエ
  • " target="_blank" onclick="ga('jugemTracker.send', 'event', 'userblog_smp', 'click', 'link_to_menu_link');">S&B
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座